20代サラリーマンが幸せになるためのネットワークビジネスとは?


idea.jpg


20代世帯の貯金ゼロ率


2016年「家計の金融行動に関する世論調査」では、


貯金なし世帯の年代別割合という統計を出しています。


それによると、20代独身で貯金がゼロの世帯は、


「59%」


20代で結婚している世帯でも、貯金ゼロの世帯は、


「45%」


となっています。



20代サラリーマンでしたら、


まだまだこれからの長い社会人生活を考えると、


今のうちに遊んで、ある程度の年齢になってから、


貯金のこととか考えればいいや♪


という方が多い傾向にあるようですが、


今の世の中、そう甘いものではないことは、


皆さん重々承知のことと思います。




大手企業に就職してしまえば、


定年まで安泰なんて時代は、とっくの昔に終わってしまいました。



今では、大手企業でも経営不振が続いて、


大がかりな人員整理をするという企業も珍しくありません。



20代サラリーマンにとっては、


企業に就職すれば、自分に降りかかるリスクも少ないですし、


安定した収入と安定した生活が保証されているような、


そんな感覚もあるかもしれませんが、


実際には、企業は個人の生活までは守ってくれません。



万が一、企業にリストラされてしまえば、


自分の身を守るのも、自分の家族を守るのも、


自分自身です。




20代サラリーマンのあなたへ



ちょっと悲観的なことばかり言ってしまいましたが、


20代サラリーマンに限らず、


すべての年代、すべての方に考えていただきたいことは、


「自分の人生一度きり」


ということです。



「最悪の場合を想定して、最善の方法を選択する」ことは、


人生を生きていく上で、だれもが大事にするべきことだと思います。



サラリーマンにとっては、会社がすべて、仕事がすべてのような、


独特な風潮がみられる気がしています。


そういう私も40代のサラリーマンです。



しかし、今の職を失ったとき、


また、病気や事故などで働けなくなってしまったとき、


どうするのかを考えたことはありますか?



私は、ネットワークビジネスと出会って、


そのような不安から解放されました。



ですが、どのようなネットワークビジネスでも良かったわけではありません。



過去に数社、ネットワークビジネスを経験してきましたが、


どんな人にでも向き不向き、得手不得手があるように、


ネットワークビジネスでどの企業に参加するかを決める際にも、


自分にはどのようなネットワークビジネスに参加するのが合っているか、


よく見極めることが必要ではないでしょうか?




unnamed (1).jpg


この記事へのコメント